旅館業の民泊をやるためには

旅館業民泊

旅館業の民泊は、民泊の中で規制が一番厳しい民泊です。

旅館業法、建築基準法、消防法、各地方自治体の条例によりその内容は規定されています。

設備や構造基準を満たすためにはそれ相応の初期費用が必要になります。

今は旅館業法の改正により部屋数制限がなくなったので、他の基準をクリアできるならば、新法民泊や特区民泊よりもねらい目かもしれません。

一日から営業が可能ですので、本格的に民泊をビジネスをとしてやりたい人に向いています。

ただ、それなりにきちんと準備と調査をしてとりかからないと、時間と費用の無駄使いになってしまいます。
地域性が強く、条例が優先されるのでそのあたりも注意です。

旅館業民泊は、本格的に民泊をやりたい人に向いています。

コメント