OTA

OTAとはOnline Travel Agent の略であり、旅行予約サイトのことです。通常民泊宿泊希望者はこのどこかのOTAから宿泊予約を入れます。以下に代表的なOTAをご紹介します。

AirBnb  アメリカを代表する民泊仲介サイト。世界192か国、33000都市で80万以上の宿泊施設を提供。
STAY JAPAN  日本の株式会社百戦錬磨が運営する民泊総合サイト。自治体の許可を受けたもののみ取り扱う。
とまりーな 株式会社百戦錬磨の子会社であるとまれる株式会社が運営している農業漁業体験に特化した民泊サイト。地方の農村民泊を運営したいホストにはおすすめ。
Home Away  OTA世界最大手のExpedia(エクスペディア)グループに加わった民泊仲介サイト。世界190か国、200万以上の宿泊施設の紹介。急速に伸びています。
Booking.com  OTA世界最大手のPriceline(プライスライン)グループの一員である旅行予約サイト。民泊に特化はしていませんが、その集客力は見逃せません。オランダアムステルダムが本拠地。
Vacation STAY  国内で圧倒的な会員数を誇る楽天、日本最大級の物件掲載数を有するLIFULLにより、2017年3月に設立された楽天LIFULL STAY株式会社の運営する合法民泊予約サイト。
KAYAK 日本では知名度はあまりありませんが、海外ではとても有名な旅行比較サイト。オンライン旅行会社最大手、プライスライングループのグループ企業です。世界40カ国以上、約20の言語でウェブサイトを運営し、2014年に日本語サイトをオープン、2017年には本格参入しています。
Agoda  シンガポールに本拠を置く、プライスライングループのOTAです。主にアジア市場を中心に急成長しています。全世界で140万以上の宿泊施設を紹介しています。
携程(Ctrip/シートリップ)  中国発のOTAで、オンライン旅行サイトとして中国首位、世界第3位の規模となっています。
美団ホテルズ(Meituan Hotels)  世界4位の中国EC超大手Meituan-Dianping(美団点評)メイチュアン・ディアンピンが運営するOTA。中国では携程(Ctrip/シートリップ)と双璧をなしています。
去哪儿チューナー(Qunar) 携程(Ctrip/シートリップ)グループ傘下のOTA。中国最大の検索エンジン百度(バイドゥ)から売却されました。
フリギー(Fliggy)  アリババグループが提供する中国人向けのOTAです。旅行に関わるあらゆる商品がオンライン上で販売されています。

なお外国法に準拠した海外OTAは日本の旅行業の対象外です。したがって海外OTAは旅行業の登録なしで日本の宿泊施設の紹介が可能です。
住宅宿泊事業法では住宅宿泊事業者は宿泊サービス提供契約の仲介を他人に委託する場合は旅行業者又は住宅宿泊仲介業者に委託する必要があります。しかし、旅館業法に規定される営業者は宿泊サービスの仲介を他人に委託する場合に旅行業者への委託の義務はありません。