建築基準法

建築基準法

階数3階以上、100㎡を超え200㎡以下の特殊建築物

令和元年6月24日、国土交通省住宅局建設指導課長から各都道府県建設主務部長あてに『小規模建築物を対象とした医療・福祉施設、宿泊施設、集客施設等を所管する、関係部局との連携について』(国住指第661号)が出されました。 又、令和元年6...
建築基準法

違法建築物の場合どうするか

民泊用の物件を探していたり、紹介されたりした場合で、時には建築基準法違反の物件であることがあります。この場合の違反はいくつかに分類されます。 1、建築当初は適法な建築物であったけれど、その後の法律の改正で現在の基準では違法建築物になるケース...
建築基準法

改正建築基準法が6月25日から全面施行されます。

かねてからお知らせしていた建築基準法の改正が6月25日より施行されます。 民泊に大きく関係する部分は3階建ての建物でも必要な措置を講じることで耐火建築物であることを不要とすること、又200㎡以下の建築物の他用途への転用は建築確認手続きを不...
建築基準法

民泊転用できない物件

最近のご相談でよくあるのが民泊に転用しようとしてもできない物件のご相談です。 これは、主に建築基準法上の条件を満たしていない物件です。 建物を建築するときは建築基準法6条で建築確認という事前手続きと7条で完成後の検査を受けることが義務付け...
建築基準法

木造3階建ての民泊が可能になる

以下の法律改正により、一定の条件を満たせば、200㎡未満、木造3階建て住宅での3階部分での民泊が可能になります。用途変更についても200㎡未満については建築確認が不要になります。これは今まで宿泊施設等を3階以上の階に作るときは建物を耐火建築...
建築基準法

ホテル・旅館が可能な地域

民泊を開業する前に、絶対にしなければならないことは用途地域の確認です。都市計画法でホテル・旅館を建築してはいけない地域が決められています。
建築基準法

民泊における建築基準法

民泊において建築基準法が重要となるのは、旅館業の民泊の場合です。 もちろん、特区民泊や住宅宿泊事業法の民泊でも基本的な建築基準法は守る必要がありますが、この二つについては住宅としての扱いになります。 例えば建築基準法27条及別表第1を見ると...