okada

建築基準法

階数3階以上、100㎡を超え200㎡以下の特殊建築物

令和元年6月24日、国土交通省住宅局建設指導課長から各都道府県建設主務部長あてに『小規模建築物を対象とした医療・福祉施設、宿泊施設、集客施設等を所管する、関係部局との連携について』(国住指第661号)が出されました。 又、令和元年6...
建築基準法

違法建築物の場合どうするか

民泊用の物件を探していたり、紹介されたりした場合で、時には建築基準法違反の物件であることがあります。この場合の違反はいくつかに分類されます。 1、建築当初は適法な建築物であったけれど、その後の法律の改正で現在の基準では違法建築物になるケース...
建築基準法

改正建築基準法が6月25日から全面施行されます。

かねてからお知らせしていた建築基準法の改正が6月25日より施行されます。 民泊に大きく関係する部分は3階建ての建物でも必要な措置を講じることで耐火建築物であることを不要とすること、又200㎡以下の建築物の他用途への転用は建築確認手続きを不...
建築基準法

民泊転用できない物件

最近のご相談でよくあるのが民泊に転用しようとしてもできない物件のご相談です。 これは、主に建築基準法上の条件を満たしていない物件です。 建物を建築するときは建築基準法6条で建築確認という事前手続きと7条で完成後の検査を受けることが義務付け...
旅館業民泊

簡易宿所の許可をとる場合

民泊の一つである簡易宿所は営業日数の制限がないので、許可さえ取れればビジネス活用としてのメリットはかなり高いです。 ただその分許可を取るのが断然難しくなります。これは特区民泊や住宅宿泊事業法のように緩和されたものではなく、当たり前の旅館業...
民泊運営

投資対象としての民泊物件の選び方

賃貸マンションやアパート経営と比較して、民泊は収益が出やすいと言われています。投資家にも人気があります。ただ今回はその注意点について考えてみます。 外国人の数が増え、宿泊施設が不足している状況の中で、今民泊というビジネスに注目する人が多く...
民泊運営

民泊の意義と活用の本質

民泊は違法民泊の問題で、社会を騒がせたため、マイナスのイメージもあるようですが、本来この制度は国も推しているように、近年の外国人増加による、宿泊先不足に対する対策としてできたものです。 そして、見逃していけないのは民泊を通しての国際交流の...
民泊運営

新築で民泊を考える

民泊は既存の住宅をできるだけそのまま利用し、一部内装リフォーム、自動火災報知機などをの消防設備を設置して行うのが一般的です。 構造や間取りを大幅に変更することは、コストの問題もありなかなかできません。その結果生まれたタイプの民泊が特区民泊で...
建築基準法

木造3階建ての民泊が可能になる

以下の法律改正により、一定の条件を満たせば、200㎡未満、木造3階建て住宅での3階部分での民泊が可能になります。用途変更についても200㎡未満については建築確認が不要になります。これは今まで宿泊施設等を3階以上の階に作るときは建物を耐火建築...
消防法

共同住宅の一部を民泊にするとき

建築基準法 共同住宅の100㎡を超える部分を宿泊施設に変更する場合、特殊建築物の類似用途でない用途変更の建築確認申請が必要になります。100㎡未満の場合は確認申請手続きが不要なだけで、宿泊施設としての建築基準法の規定を遵守しなければならない...