木造3階建ての民泊が可能になる

建築基準法

以下の法律改正により、一定の条件を満たせば、200㎡未満、木造3階建て住宅での3階部分での民泊が可能になります。用途変更についても200㎡未満については建築確認が不要になります。これは今まで宿泊施設等を3階以上の階に作るときは建物を耐火建築物としなければならなかったのですが、これからは迅速に避難できる対策をすることを前提として耐火建築物としなくてもよくなるからです。

以下はその根拠です。

建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)について

建築:建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)について - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

改正建築基準法の一部が、9月25日から施行されます

報道発表資料:改正建築基準法の一部が、9月25日から施行されます - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

建築基準法の一部を改正する法律(平成30年法律第67号)の概要

以下はその規制合理化の具体例です。

コメント