改正建築基準法が6月25日から全面施行されます。

建築基準法

かねてからお知らせしていた建築基準法の改正が6月25日より施行されます。

民泊に大きく関係する部分は3階建ての建物でも必要な措置を講じることで耐火建築物であることを不要とすること、又200㎡以下の建築物の他用途への転用は建築確認手続きを不要とすることです。

これにより、市街地に多い3階建ての木造住宅の民泊への転用がやりやすくなります。

消防法上の制約はありますが、それでも今までよりは構造や規模であきらめていた物件も検討の対象になるでしょう。

報道発表資料:改正建築基準法が6月25日から全面施行されます - 国土交通省
国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

上記より、3階建ての木造の宿泊施設(民泊、簡易宿所)を建てるときは、耐火構造であることは要求されませんが、
1、階段室を間仕切り壁で囲む
2、煙感知で自動で閉まる戸の設置
3、自動火災報知設備

が必要になります。

その他耐火構造ではないにせよ、防火地域や準防火地域における界壁や軒裏の基準は満たす必要があります。

コメント