宿泊施設運営をご検討中の方へ

宿泊施設の許認可はご相談ください。

大阪府堺市、岡田行政書士事務所の岡田です。

民泊が一時ブームになりました。民泊とは元々宿泊施設ではない、民家や共同住宅を活用し、宿泊施設に転用して活用することです。

現時点では新型コロナの影響もあり、外国人対象に関しては一時落ち着いております。

ただし、民泊は外国人対象であるだけではありません。民泊の良さが見直され、日本人の間にも急速に広がりを見せています。地方農家を活用した農家民泊という形態もあります。

現時点では、旅行はやりにくい状況ですが、これがいつまでも続くわけでもありません。今はそのための準備をする期間とも言えます。

しかし、民泊として許可・認定を受けるためには、旅館業法、消防法等などの一定の条件を満たさなければなりません。
当事務所では、その企画の段階で可否を判断し、進めることが可能ならばその方法をご提案します。許認可と建築のプロがトータルにサポートします。

業務対象エリア

大阪府全域の市町村及びその周辺地域

大阪市、堺市、豊中市、箕面市、池田市、能勢町、茨木市、高槻市、島本町、吹田市、摂津市、枚方市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、東大阪市、八尾市、柏原市、和泉市、高石市、泉大津市、忠岡町、岸和田市、貝塚市、熊取町、泉佐野市、田尻町、泉南市、阪南市、岬町、松原市、藤井寺市、羽曳野市、太子町、河南町、千早赤阪村、富田林市、大阪狭山市、河内長野市、伊丹市、宝塚市、川西市、尼崎市、西宮市